江戸時代における人口分析システム
17-19世紀の出生・移動・結婚・死亡と家族


帝塚山大学文学部 川口研究室






本サイトは、17~19世紀に日本の村や町で作られた「宗門改帳」、寺院が保存している「過去帳」、維新直後に作成された「戸籍」、および「種痘人取調書上帳」 の古文書画像データベース、人口・家族を分析するプログラム、ニューラルネットを用いた文字認識の実験から構成されています。

江戸時代から明治時代に生きた人々の出生、移動、結婚、死亡を含む生活の実態、歴史地理学、歴史人口学、家族史に関心のある方を歓迎いたします!


copyright (c) 1999-2016 帝塚山大学文学部
川口 洋